プロパンガスと都市ガスの違いを知っておくことが大切

調理に使うガスコンロは何気なく使用しているという人も少なくありませんが、実はガスの種類は大きく都市ガスとプロパンガスの2つに分けることができます。

比較的規模の大きな都市やその近郊では、地下にガス管が張り巡らされていますので、各住宅でガス管から供給されて利用することができるインフラが整えられています。この方式が都市ガスです。一方で地下にガス管を通すことを実施していない地方や郊外の地域では、都市部と違い基本的にプロパンガスのボンベが住宅それぞれに設置されておりそこから供給されるものを利用しているというケースがほとんどです。

LPガスとも言われ、火力の強さやどこでも利用できるという点がメリットとなっています。それぞれにメリットがありますので、どちらが良いかという観点で比較することが難しいのですが、基本的には料金の安さは都市ガス、火力の強さはプロパンガスに軍配が上がるということになります。都市ガスは電気や水道と同じく公共料金という位置づけですので、ガス会社が設定する基本料金や使用料金は安く抑えられています。一方でプロパンガスはガス供給業者が価格を任意に設定することができるために高くなりがちであるという違いがあります。

それぞれガスの種類が違いますので、ガスコンロ(ガステーブル)は共用することができません。そのため転居する場合には転居先がどの種類のガスを使用しているのかを確認することも大切です。現在使用している都市ガス・プロパンガスのコストが気になる場合にもチェックをして、より安い方を選ぶという方法もありますのでぜひ検索してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *