自由化で実現するガスの切り替え

電力が自由化されたのと同様に、ガスも自由化によって切り替えが行えるようになっています。

これまでは地域の事業者が提供を行う形で、自由に契約を結ぶことができなかったといえます。2017年の4月に施行された自由化のおかげで、消費者が都市ガスを選択して切り替えたり、契約が自由に行なえます。結果として、従来よりもお得な小売事業者を選んだり、単価の安いガスが使える切り替えが実現します。気になるのはトラブル発生時の対応ですが、緊急性の低い問題には小売事業者が、緊急性の高い事故などには導管事業者が対応する決まりです。

つまり対応に関する明確な区分があるので、切り替えが行える都市ガスの自由化が問題なく実現しているわけです。複数の小売事業者を比較して選べますから、例えば単価の安さで選択したり、値引きなどの特典で選ぶことができます。都市ガスを利用できる地域であれば、プロパンから切り替えるのが最も簡単で、これだけでも大幅なコストダウンに繋がります。

しかも、小売事業者を選択できる自由があるので、より手頃な単価を追求して契約相手が決められます。種類を替える時は機器の交換も必要なので、その点はコスト的に注意が必要ですが、その後は年間の負担が半分ほどに低下しますから、長い目で見て替える余地は十分です。採用している料金体系は企業によりますが、使用量によって基本料金と単価が変動する、3段階制を採用している場合が多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *