プロパンガスの切り替えで注意が必要な事例はあります

ガスの自由化に伴い、現在では安い会社へと切り替えをすることも行われています。

都市ガスの場合は大きな問題がありませんが、プロパンをお使いの住宅では切り替えの際には注意も必要です。プロパンの場合は、会社側が設備を負担していることが非常に多く、最初の契約時に書面で詳細事項を書いている可能性があります。具体例では契約から15年間は利用を継続することなどが基本条項に入っていることがあり、無償で設備を負担しているので、ある意味では仕方がありません。

この期間内に会社を変えてしまった場合、違約金が発生するという可能性があります。地域によってはこの限りではありません。例えば契約をしていた会社と既に仲良くお付き合いをしていて、他にも灯油などを定期的に購入していたり、住宅のリフォームまで対応している会社も実在しています。何らかの方法で、他にお金を費やしているような住宅の所有者の場合は、交渉次第ではそのままガスだけを他の会社に切り替えできる可能性も否定できません。

現在ではプロパンガスでも価格競争が行われているので、安い会社を選ぶことは既に知られるようになりました。インターネットを利用すると簡単に地域の最安値を知ることができるので、切り替えを検討することも増えていることが現状です。もしも、既存の会社が高ければ、独断で他社に切り替えするのではなく、話し合いによって同じ水準の単価まで下げてもらえるように交渉してみることも一つの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *